できるだけ刺激の少ない化粧水を利用して敏感肌を守ろう

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

独自で作るスキンケア

コスメ

自分の肌に合うもの

敏感肌の人はどの化粧水でも良いというわけではなく、しっかりとパッチテストなど肌に合うものかどうか確かめなければ使うことができません。合わないものを無理して使ってしまうと、赤身となったり肌がかゆくなったりピリピリと痛みを感じたりする人もいます。敏感肌の場合は刺激物が配合されているものに弱く、すぐに反応してしまうことがあり、できるだけ刺激の少ないものを選んで使用しなければなりません。もし市販で販売されている化粧水に自分の肌に合うものが本当に見つからない場合は、オリジナルの化粧水を作って肌につける方法があります。敏感肌の人の中にはそのように作って使う人もたくさんいまして、ある程度の材料はお店などで販売していたりします。

柚の種が肌に良い

敏感肌の人に良いといわれている材料があります。それは、柚の種です。柚の種を使ってオリジナルの化粧水を作って肌につけると、敏感肌にも柚の種から得られる肌に良い栄養成分を浸透させることができるようになります。柚の種にはペクチンという成分が含まれており、肌につけることでしっとした肌に仕上げることができ、小じわやシミをなくしていくのにも良いといいます。作り方は簡単で、焼酎に柚の種を1週間ほど漬けるだけで出来上がるのです。アルコールが苦手な場合は焼酎で作るのではなく、水で作って使うと良いです。柚の種は保湿効果もあり、化粧水として使用するにはとても良い材料となります。敏感肌でなかなか市販で販売されている化粧水が肌に合わないならば、柚の種を使ったオリジナル化粧水を作って使うと良いかもしれません。

メラニンくすみ対策に

石鹸

紫外線を浴びた事で起こる、メラニン色素が原因の肌のくすみは、ピーリング石鹸での洗顔で対策してみましょう。初めて使用する際は、AHAの濃度が低い石鹸がおすすめです。保管は水気が無く、直射日光が当たらない・高温にならない所を選びましょう。

Read More

購入の際はここを確認

ソープ

石鹸とはアルカリ性の物を指し、酸性や中性の物は石鹸と呼ぶことは出来ません。成分無添加の石鹸でも必ずしもどの肌に良いわけではないので購入する際には注意が必要です。また洗顔石鹸には泡立てネットがセットで付いてくる物があり、予めネット等で調べておくとその差額分お得に購入する事が出来ます。

Read More

まるで自まつ毛

目元

朝のメイクが時短になり、マスカラよりも自まつ毛に負担が少なくなるマツエク。しっかりケアすれば長持ちしますし、とても魅力的です。今までマツエクを試したことがない人は、ぜひ一度、カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

Read More